美容皮膚科がお届けする、脱毛情報webマガジン

ムダ毛にまつわるエトセトラ
2016.07.13
Loading

目元の黒ずみが取れない!キレイに治す方法は?!

編集部
オススメ度
  • 美容

    90
  • お役立ち

    80
  • トリビア

    90
  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
目元の黒ずみが取れない!キレイに治す方法は?!

寝不足だったり、疲れていたりするときによくできる目の周りの黒ずみは、見た目に美しくないばかりではなく、年齢よりも上に見られてしまったり、暗い印象を与えてしまいがち。目の周りに黒ずみがある人は、その原因と予防法を知ることで解決策を練りましょう。

目の周りの黒ずみ!理由は2つ

Fotolia_86903130_Subscription_Monthly_M

目の周りの黒ずみは、若い人でもできてしまうものです。黒ずみの原因は2パターンあります。

体全体の血行不良などからくる、いわゆる「クマ」
・メイクなどに含まれている色が皮膚の中に浸透して色が定着してしまう「色素沈着」

の2種類です。

どちらも、一度しっかり色が定着してしまうと元通りにするのには時間がかかってしまいますが、今からでも予防と改善を行うことができるので、諦めずにケアしていきましょう!それでは、目の周りの黒ずみを消していく方法を見ていきます。

クマが原因の黒ずみ解消法は?

25-3

特に目の下にできやすい黒ずみは、クマが原因かもしれません。

一般的に目の下のクマは寝不足が原因と言われていますが、寝不足が原因のクマは一時的なものが多く、しっかりと眠れば改善されるものです。しかし、実際は何時間、何十時間眠っても目の下のクマが取れないということがあります。この場合の根源的な原因は寝不足ではなく、体内の血のめぐりが悪いことを意味しています。

寝不足が原因だと思って長い時間寝ても、寝すぎると逆に血行が妨げられるので、もっとクマが強くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

クマを解消させるためには、湯船にしっかりと浸かって血行を促進させたり、軽い運動をしたりすることが大切です。体を温めると血の巡りは良くなるので、シャワーで済まさずに、毎日湯船に浸かることを心がけましょう。また、運動不足の人はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をして体をほぐしましょう。

一方、ちょっとしたときにでも気をつけることで、目の下のクマを改善させる方法があります。
それは姿勢を正すことで、姿勢が悪い人は血流も悪くなるため、ふとしたときでも自分の姿勢が悪いと感じたらすぐに胸を張るようにします。

自分の姿勢が良いか悪いか分からない場合は、肩こりが慢性的に起きていないか、パソコンを操作するときに顎や首を前に突き出す姿勢をしていないかどうかを思い返してみましょう。姿勢が良くなればクマも肩こりも改善されるので、一挙両得な方法です。

素沈着が原因の黒ずみはどうしたらいい?

 

Fotolia_101107414_Subscription_Monthly_M

色素沈着とは、外部から色素が皮膚の中に浸透して起こるほか、目をこすり過ぎることでも起きてしまうものです。クマとは違って目の上のまぶたが黒ずんでしまっているなら、色素沈着が原因の黒ずみと考えましょう。

 

  MARiEさん(@_marie07_)が投稿した写真


起こりやすい例としては、濃い色をしたアイメイクをするときに擦るように目の周りを描いてしまうことが挙げられます。これは、ブラシなどのアイメイクの道具で目の周りを傷つけてさらにそこに色の濃いメイクを置くので、細かいキズ口から色が侵入して、ちょっとした入れ墨のようになっているのです。

解決法としては、目の周りをこすったりメイク道具で傷つけたりしないことと、アイメイクをした後は必ずメイク落としを入念に行うことです。もう既に黒ずんでいる人は、ピーリングを行って黒ずんだ皮膚を取り除きましょう。

しかし、ピーリングもやり方ややる回数によって皮膚を傷つけてしまうので、週1回~月2回程度に抑えて、ピーリング後は保湿などのスキンケアをきちんと行うようにしましょう。

原因に合わせた対策を

目の周りの黒ずみには様々な原因があることがわかりましたね。原因を把握せずに無理な対策を行うと悪化させてしまうこともありますので、自分の生活を見直してみたうえで、正しいお手入れをしましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • BOOKMARK
目元の黒ずみが取れない!キレイに治す方法は?!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう